CentOS 6.9 に node.js

CentOS 6.9 に node.js をインストールした時のメモ
node.js のサイトに行って「node-v8.11.2-linux-x64.tar.xz」を DL
xz コマンドで解凍します
 xz -dv node-v8.11.2-linux-x64.tar.xz
tar コマンドで解凍します
  tar node-v8.11.2-linux-x64.tar
サンプルコードを app.js として保存
var http = require(‘http’);
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {‘Content-Type’: ‘text/plain’});
res.end(‘Hello World\n’);
}).listen(1337, “192.168.10.188”);
console.log(‘Server running at http://192.168.10.188:1337/’);

解凍してできたフォルダの中に入って
 cd node-v8.11.2-linux-x64/bin
 ./node app.js を実行
[craft@dcm88 bin]$ ./node app.js
Server running at http://192.168.10.188:1337/
となるのでクライアント PC から http://192.168.10.188 って叩くと

あとは /opt あたりに移しておいて
export PATH=$PATH:/opt/node-v8.11.2-linux-x64/bin
等と /etc/profile に追記して
source /etc/profile
で OK 絵文字:笑顔