Find と IndexOf

C++Biulder XE6 でリストに読み込んだファイルの比較に Find と IndexOf を使ってみた

Find は、特定の文字列があるかどうかを調べてくれます
特定の文字が見つからない場合は、False が返されます
Find はソートされたリストにのみ使用
oldList->Sort();
fs = oldList->Find(newStr,num);
と、こんな感じで。。。

ソートされていないリストを調べる場合には、IndexOf を使用します
ソートされていないリストに、特定の文字列があるかどうかを調べます
もし文字列が見つからない場合は、-1 が返されます
num = oldList->IndexOf(newStr);
と、こんな感じですね

前の記事

久々 rsync